夢日記

自分用

146

ひょんな事から手のひらサイズのアヒルのような鳥を飼い始めたようだが、母親はこれを歓迎していない様子だった。 母親はアヒルを「いなくなってもいいペット」として雑に扱っているようだったので、私もこのアヒルについて「いなくなってもいい」と思う事で…

145

奇妙な形の木がたくさん生えた公園にいる。立地的にはそこそこの高所で山か崖の上であるように見える。 公園よりも少し低い所には町が広がっていた。 カラフルながらも色褪せた背の低い建物群とグチャグチャな張り方をされた電線、奇妙な位置に後付けされた…

144

今にも滅びようとする帝国があった。 王は城に集まった無力な国民たちに「ここから逃げろ」「この先お前たちは何にも縛られる事はない」と悲しげながらも力強く呼びかけ、玉座の奥にあった禁忌の扉を開いた。 群衆はそこからどやどやと出ていって、次々と別…

143

お墓参り 小さな花束を持って見知らぬ住宅街の端の小さな墓地へ向かう。 そこには連日ニュースで報道されている悲劇的な死を遂げた老人のお墓があるらしく、そのお墓には山のように花束やお供え物が置かれていた。 その近くに私の知る誰かのお墓があったよう…

142

スケルトンコースト 大きな海鳥の死骸が辺り一面に散らばっている。 被り物をして黒と白の服を着てシャンソネッタ・テデスカを演奏しながら歌って踊っている人たちがいた。 私もあれに参加したいと思い被り物を探して辺りを見回すと、砂浜に突き立てられた巨…

141

夢メモまとめ 23/10/24 何か生き物を殺そうと考えてペットショップへ大きめの虫を買いに行く 小動物はアウトだけど虫ならセーフだと自分に言い聞かせていたがいざ買って眺めていると愛着が湧いて殺せなくなる これを連れてどこか遠くへ旅をして、この虫が死…

140

自宅マンションに似た知らない場所にいる。 日差しが異様に強く、廊下や壁には墨で描いたような影が落ちている。 少し離れた所に隣の号室があり、私の住んでいる号室との間にケージが複数置いてあった。 ケージの中にはポケモンのポッポに酷似した大きな鳥の…

139

日本ではないどこかにいる。 閉塞的な黒いバンに乗っており、誰かの葬式場に向かっているようだ。 私の周りには中年の男女と年上の女性、見えない誰かの気配が二人分居る。 全員知らない人だ。 彼らは私の知らない言語で和気藹々と話している。私は花束を持…

138

すぐ近くに何者かの気配があり、家にあるコードを全て切れと漠然と指示してきている。 「これはあなたが悪魔である為の試練です」と話しかけてくる。よく分からないがその何者かは「複数の酸素の形」という存在であり私を取り巻いているようだ。 酸素なので…

137

ガラス越しに小さな植物庭園のような一角を見ている。規模としては花壇に近い。 花壇の向こう側には薄汚れたアパートや、廃屋じみた様相を呈する背の低い雑居ビルが見える。 花壇の植物は全てがつぼみの状態だった。 「ここにある芽を摘む事は至極簡単です」…

136

食べる事が好きすぎて過食しては嘔吐する、という行為を頻繁に繰り返す肥満体の女性を可愛らしくコミカルに描いた、奇妙な趣向の漫画を見ている。 その漫画は一つのエピソードにつき二〜八コマ程度で構成されたものだった。 その肥満体の女性は心身に問題を…

135

鬼ごっこのようで少し違うゲームに参加させられている。動かずにいられた時間を競うらしい。 鬼はピエロたちだ。屋根の上をホバー移動する風船でできたものや、氷上を滑る小動物のような姿をしたものなど種類が豊富である。 捕まると死亡扱いとなり、直前の…

134

全ての人間が猫に見えるようになってしまった。 毛並みや顔付きはそのままその人の健康状態や精神状態を反映している。 人間でいた時よりも、何を考えているのかや具合が悪そうだったり眠そうなどの細かな機敏が分かりやすく感じる。 家族のことも猫に見える…

133

本棚から本を取ろうとしたところ手が滑り、どういう訳か左手の人差し指が縦に真っ二つに裂けてしまった。 夥しい量の出血をしている。 せっかくだからとコピー用紙を取り出して血で何か絵を描こうとしたが、流血がひどすぎて全く思うように描けない。 怪我を…

132

曇った公園に、金髪に黒い革ジャンに赤いミニスカートを履いた、マフィアや何かのボスのような女性がいる。 視点の主は私ではなくその付き人のような立場の男性であるらしい。 女性のお腹が突然膨らみ始めた。 男性が病院に行けと言うが、女性はそんな事をし…

131

手の平に細い糸のような黒い虫がたくさんついている。 その虫は簡単に千切れては増殖していくようで、切れ端のような1ミリ足らずのものも蠢いている。 長時間手を洗い続けているが虫たちは一向に取れない。 その虫は血を吸って長くなり、皮膚に穴を開けて血…

130

現実にはいない知り合いの乱暴な男子が自宅である屋敷の屋上から飛び降りる瞬間を見た。 彼は直前に屋上で父親から「飛び降りろ」と命じられたようだ。 彼には姉と弟がいたが、厳格な父親が彼の粗暴さを嫌ってか彼だけに執拗に虐待をおこなっていた。 私は彼…

129

ファミリーレストランのような場所に来ている。 四人席で、周囲に大人たちの気配を感じるが誰なのかよく分からない。実質一人でいるようなものだ。 ガーリックトーストとコーンポタージュのどちらを頼もうかひどく悩む。 いっそ全く違うものを頼もうかと思い…

128

この夢の中の私はいつも異常に眠かった。 私は寝るとその瞬間に体が墨汁のようになって崩れ落ちてしまうらしい。 どこかの壁沿いの席に親戚と並んで座っている。何かの順番待ちをしているらしい。 私が寝そうになる度に墨が溢れて床が真っ黒に染まっていく。…

127

私たちは一見すると人間のようだが、実際は似て非なるものであるようだ。 私たちの種族は、幼ければ幼いほど感情や倫理観に欠けており、そのため15歳以下の子どもたちは「半動物」として扱うものとされていた。 この夢の中では、子どもを殺す事は殺人ではな…

126

母方の親戚や家族と歩いていると大雨が降り始めた。 寿司屋に向かっているようだが雨で髪がめちゃくちゃになったので帰りたくて仕方ない。 傘を買おうとか一旦雨宿りしよう等色々提案してみるがどれも母親に即却下された。 私以外は誰も雨のことなど気にして…

125

六人組の若い男女が即死トラップに満ちた場所から脱出しようとしている。 アパートの一室のような狭い部屋の中に、六つの四角い穴のあいた大きな機械がある。 この中に何かがあるのではないかと考えた一人が機械に上体を突っ込むが、起動した機械に案の定お…

124

粗大ゴミだらけの夕方の海岸にいる。 波打ち際に点々と光が落ちており、それを集めている内にいつの間にかゲーム「Sky」の操作キャラクターになっていた。 砂浜の一番端の方に大きな扉のようなものがある。どうやらワープゾーンらしい。 初心者らしきプレイ…

123

どこか外国の治安の悪い町に来たらしいが、景観的には日本の普通の住宅街がバグを起こしたような感じだった。 どこかLiminal spaceじみた雰囲気だ。 私には見えない同行者がいた。 同行者の姿を取り戻すためにこの場所にやって来たらしい。 手掛かりがほとん…

122

数日前から遠くの空に、ドラム缶のような何かのシルエットが浮いていた。 それは動かない。人々はそれを気にしている様子はなく、私も例に漏れずそうだった。 私は単発バイトか何かを終えて帰っている途中らしい。 私の前で、同じバイト先にいたらしい同年代…

121

・宇宙にある施設に来た人々 この人々を使って実験が行われるようだ 実験期間中は人々は地球との連絡が取れず、意思疎通に制限が設けられる 人々は疑心暗鬼になって殺し合いを始めるかもしれない、という内容 ・ガラス製の壁掛け時計が足元に落ちてきて、割…

120

夢の中の私は貧しい国の住人ということになっていた。知り合いらしきおじさんの車に乗ってこの国から逃げ出そうとしているところらしい。 この国の国民は海外への移住が禁止で、特に女性はどんな用があってもこの国から一度も出てはいけないという。 おじさ…

119

星のカービィのもとになった人物がいるという。それはスペインの開拓時代(?)の労働者だった。厳しい環境でもいつも周りを元気付けていた。場面は木造小学校の家庭科室のような温かみのある雰囲気の狭い研究室に移る。電気は点いていないが、大きな窓から夕日…

118

思い付きで、友人と一緒に部屋を風船で満たそうとしている。 友人は簡単そうに風船を膨らましては手際良く吹き込み口を結んでいくが、私はいくら頑張っても一向に風船を膨らますことができず、吹き込み口を結ぶ手付きも覚束ない。 驚いたといったふうにふざ…

117

発展途上国のような雰囲気の海外のどこかで、川に遺体を流す儀式を行っていた。 私はそれを観光しに来たらしい。 儀式では、死んでしまった人を棺か箱の中に入れて、濁った流れの早い大きな川に流す。 流れていくその棺に泳いで追いつき蓋を開けて遺体の顔を…